トップ > 収益物件 > 不動産投資戦略 2

不動産投資戦略 2

カテゴリ: 収益物件
不動産投資戦略

こんにちは、この度アラ50になるサラリーマン投資家
太郎でございます。

投資における注意点であったり、お役立ち情報に関しての
情報をお伝えできればと思います。

前回はポートフォリオに関してのお話でしたが、
今回は第二段、皆さんが気になる、レバレッジに関しての
お話です。


②借入金を活用したレバレッジ

レバレッジとは自分の資金に加えて、借入金を組み合わせて
うまく投資することです。 

自己資金だけ投資したときよりもより高い投資ができその
リターンの利回りも得られるようにする手段です。

レバレッジの効果を得るためには、不動産投資の利回りが
投資に当てられる借入金の金利よりも高いことが必要です。

投資について、どの程度レバレッジが効いているかをしめす
数値がレバレッジ係数であります。 不動産の価値の何パーセント
を借入金で調達したかを示す指標がLTVです。

投資の際にレバレッジを聞かせすぎると、投資事業そのものの
リスクが高まり、必ずしも有利ではなくなります。

このように自分のお金だけで投資するよりも借入金をうまく
組み合わせて投資したほうが、より高く投資利回りを得られる場合が
あります。

しかし、レバレッジ、いわばテコのようにパワーをためて
放出するのでその分リスクは大きくなることを理解する必要が
あります。

もちろん、収益を考えるとおいしい手法ですけどね!


③不動産の資産価値をあげるバリューアップ

④戦略立案

⑤投資判断をする、リアルオプション

⑥出口戦略

カテゴリ一覧

|