トップ > 収益物件 > 不動産投資戦略 3

不動産投資戦略 3

カテゴリ: 収益物件
不動産投資戦略

こんにちは、この度アラ50になるサラリーマン投資家
太郎でございます。

投資における注意点であったり、お役立ち情報に関しての
情報をお伝えできればと思います。

前回はレバレッジに関する情報を提供させていただきました。
今回はバリューアップに関しての説明をさせていただきます。

③不動産の資産価値をあげるバリューアップ
・バリューアップとはすでにある不動産をより有効に利用したり
リニューアルいわゆるリーフォーム改修やコンバージョンいわゆる
用途の転換によって、不動産の価値を上げることを意味します。

・不動産を場慮ーアップするためには不動産のキャッシュフロー
を改善するために入ってくる現金を増加させるか、出て行く現金を
減らしていくかが必要です。

・バリューアップの効果は大きく二点あります、一つ目が
キャッシュフローの増加によって不動産の毎年の投資利回りが
工場していきます。

二番目にキャッシュフローの改善によって、最終的に
その不動産を売却留守時の価値があがります。

コンバージョンとは、収益物件として、オフィス・店舗を目的として
立てられた物件をレジデンス向け、いわゆる居住用の物件として
用途変換をして再度販売するケースがあります。

そうすることによって、オフィスの賃料として家賃の収益を上げる
よりも場所によっては、たとえば麻布や三田のエリアでは
高く貸し出すことができる場合があります。



④戦略立案

⑤投資判断をする、リアルオプション

⑥出口戦略

カテゴリ一覧

|