トップ > 収益物件 > 不動産投資戦略4

不動産投資戦略4

カテゴリ: 収益物件
不動産投資戦略

こんにちは、この度アラ50になるサラリーマン投資家
太郎でございます。

投資における注意点であったり、お役立ち情報に関しての
情報をお伝えできればと思います。

前回はバリューアップについての情報を提供させていただきました。
来る今回はな・な・なんと『戦略』に関しての説明を
させていただきます。

ちょっと範囲が広くなってしまいますがぜひご覧ください!

④戦略立案
内部成長と外部成長という言葉がありますが、その分類の説明
からはじめさせていただきます。

内部成長とは、企業の内部にある資源を有効に活用して、
利益を成長させていくことを意味します。

賃貸のオフィスビルの空室率をへらしたり、オフィスビルの
管理費用を削減するといった活動が必要です。

外部成長とは企業の内側の資源に頼らないで、外部にある資源
資源とは、人もの金、情報などを利用して利益を獲得していく手法
です。

有料な不動産をさらに追加で購入したり、規模の利益をいかして、
不動産管理費用やファンドの運営費用の負担額を減らすことが必要
となります。

また実質、不動産投資ではmマネジメントの観点から見ても
財務的な戦略を含めて内部と外部の成長をいかにうまく組み合わせ
ていくかが大きな課題となります。

自分でできる範囲とできない範囲をしっかり見極めて
より効率的に成長していくためには、柔軟な対応と
発想が必要になってきます。

以上、お役立ていただける情報はございましたでしょうか?

次回は以下
⑤投資判断をする、リアルオプション

⑥出口戦略

カテゴリ一覧

|